MCH+Authについて

MCH+Auth(認証)のドキュメントです。MCH+Proとして契約し、リリースするタイトルは基本MCH+Authを利用していただくことをお願いしております。 上記以外でも状況によりご利用はできますので担当と調整ください。

MCH+Authでは、ETHアドレスでの認証、MCH+タイトルを横断した電話番号による認証、居住国情報の取得などが可能です。

挙動のサンプルを以下のページで確認できます。

https://auth.mch.plus/

MCH+Authは、OpenID Connect仕様に準拠しています。

また、サーバサイドでGo言語を利用する場合はSDKを利用することができます。Webから呼び出すためのJavaScript SDKもあります。